決勝大会

決勝大会結果発表

第12回全国高校生食育王選手権大会決勝大会

【開催日時】2018年11月18日(日)9:00〜16:00
【集合日時】2018年11月17日(土)16:00 @会場
【開催場所】福井県産業会館1号館(福井県福井市下六条町)
【競技内容】

 1.食育体感クイズ (食を取り巻く環境、調理知識、伝統食 等)
 2.食育チャレンジ対決 (選食力、発想の豊かさを競う競技)
 3.テーマに合わせた料理作り&プレゼンテーション等

  テーマ:「店舗を想定したオリジナルメニューの提案」

   ※決勝大会要項は、決勝進出チームに9月末をめどに発送


【表彰】

 《第12代食育王》      トロフィー、金メダル、副賞(若狭牛)
 《準食育王》      銀メダル、副賞
 《3位》        銅メダル、副賞
 《優秀賞(7チーム)》 メダル


【審査員】

玉川大学卒。埼玉県下の小学校教諭として教鞭をとる。
平成18(2006)年から女子栄養大学短期大学部で栄養教諭の養成に係わると同時に、子どもに対する食育の理論研究と実践に取り組む。 子ども食育学研究室。
著書(共著)に「栄養教諭は何か」(女子栄養大学出版部)「栄養実習ノート」(医歯薬出版)「栄養教諭論―理論と実際 三訂版」(建帛社)「さかな丸ごと探検ノート」(東京水産振興会)他。
平成27(2015)年4月から学校法人香川栄養学園理事長、平成28(2016)年4月から女子栄養大学・女子栄養大学短期大学部学長。修士(教育学)・博士(保健学)。
調理・食教育一筋に、イタリア、フランス、ドイツ、中国、インドなど、食を通じた国際交流を深めるとともに、地産地消をテーマにした郷土料理の発掘、研究にも取り組む。
テレビ、ラジオ出演、新聞への執筆など多数。
(財)日本食生活財団より第1回「奨励賞」を全国の調理師専門学校からはじめて受賞(昭和55年)、厚生大臣表彰(調理師養成功労・平成4年)、県政功労者福井県知事表彰(平成13年)、産業教育功労者 文部科学大臣表彰(平成16年)、瑞宝単光章(教育功労)受章(平成20年)、専修学校教育功労者文部科学大臣表彰(平成27年)など。
京都府京都市生まれ。
京料理「たん熊北店 本店」三代目主人。
特定非営利活動法人日本料理アカデミー副理事長を務める。 1999年にはシンガポール ワールドグルメサミットに日本料理代表として参加。 著書も多数。

【参加要件】

 ・インターネットによるWEB予選の結果、選出されたチーム。
 ・決勝大会出場時の引率指導者は1名とします。

  ※決勝大会出場チーム(引率者1名含む4名)には、1泊3食付をご用意!
   会場までの交通費を全額お支払い、材料費として1チーム5,000円を補助します。